駆け込んだアコムの無人機

アコムでキャッシングをしました。
遊興費にお金を使い果たし、 更なる遊興費のためと生活のためにお金を求めた私はキャッシング大手であるアコムに駆け込みました。
遊興費と記しますが私は遊興で稼いだお金を生活費としていましたので、 遊興費の資金はどうしても必要となりましたし、儲けが出るまでの食費なども入用なのです。
私はアコムの店舗ではなくむじんくんに駆け込んだのですが、 普段、空き地や駐車場といった場所に簡易トイレかのように ぽつんと設置されている無人機、 不思議な場所に建っていますがよく注意してみると入りやすい場所に 設置されているのだと気付きます。
簡易プレハブのような外観をしていますが入ってみると、 清潔で明るい普通の事務所のような個室となっていました。
プレハブの入り口には衝立のように目隠しが設置されていますので、 申し込みをしている姿を誰にも見られないので落ち着いて申し込みができました。




知識が無くとも借入できた

監視カメラがありますし、スピーカーから アコムのオペレーターがリアルタイムで指示してくれますので 無人機とはいえ完全なる無人といった意識ではありませんでした。
結局、アコムには50万円の契約が承諾され五万円だけを引き出しました。
五万円を引き出しても、残り45万円が引き出せます。
新しく銀行口座を作ったら45万円の残高付きの口座を付与されたような感覚です。
分からない事だらけでしたが、スピーカーから声が出ますので、 分からない事は聞けますし電話の受話器を取って通話もでき、 相手に任せるように、なされるがままといった態度でもお金を借り入れできました。
キャッシングは店舗から申し込むという概念を持っていましたが、 最近のキャッシング会社は無人機を多く設置していますし、 ネットキャッシングも台頭してきているので、 必ずしもキャッシング店舗に行かなくて良いという簡易さにはひれ伏します。